この記事は約 1 分で読めます ( 約 540 文字 )

恒久のファミリア

【本記事の概要】

本日は「ナーラ」様の「恒久のファミリア」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

《あらすじ》

森の奥にある、古びた館。そこで眠っていたリオーネは、誰かに呼ばれて目を覚ました。そして、リオーネは彷徨う。声の主を探して……

《プレイ時間》

推定2時間前後

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

トゥルーエンドまでプレイしました。(隠しイベント2つはまだ)

<このゲームについて>

突如目覚めた自我のある人形が館を探索し、目的を達成した上で脱出するゲームです。

<総括>

最初の方は探索や謎解きがメインですが、鬼ごっこの要素や時間制限イベントもあったりします。

鬼ごっこや時間制限イベントでは少々苦戦したものの、最後に見られるトゥルーエンドは感動モノでした。

謎解きの難易度はそこまで高くない(メモを取る必要があるくらい)ので気軽に遊べる脱出ゲームに興味がある方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

ルピナスの蕾

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「恒久のファミリア」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.02