この記事は約 2 分で読めます ( 約 834 文字 )

奴隷商人物語

【本記事の概要】

本記事では、「白の魔」様作RPGツクール製RPGである「奴隷商人物語」について紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより)

寂れた町を救うため、ダンジョンに潜って冒険者を捕まえるRPGです。捕まえた冒険者を、育てたり合体させたりしてどんどん強くしていきます。

※内容がやや外道っぽいのでご注意下さい。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

最初のダンジョンを複数回潜って4人パーティを構築しつつ数人の奴隷を売却するまでプレイしました。

<ゲーム内容>

このゲームはとある酒場の店主とその娘が寂れた町を活気づけるため、ダンジョンから冒険者を拉致し、従順になるように調教したあと、売却するなり、戦力に加えるなりして酒場の経営に活用するRPGです。

<ゲームの流れ>

ゲームの基本的な流れは以下の流れの繰り返しです。

  1. ダンジョン探索
  2. ダンジョン内で冒険者捕獲
  3. 調教
  4. 処遇選択

<戦闘について>

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。戦闘ビューはサイドビューです。

雑魚敵の強さは適正レベルなら通常攻撃で難なくあしらえる程度です。ダンジョンのボス敵もそこまで強くありませんでした。しかし、冒険者パーティーはなかなかの強さでした。冒険者を捕獲するには「捕獲ロープ」の通常攻撃でトドメを刺す必要があるのでその分体感難易度が上昇しているのかもしれません。

<作業の必要性について>

適正レベルの地図を手に入れる or 持っている地図の適正レベルになるまでは必然的に同一ダンジョンを探索することになるので作業ゲーの色も高めです。

<やりこみ要素について>

やりこみ要素としては、図鑑コンプ、闘技場、地図コンプといった物があります。

<総括>

余裕のあるときにじっくりプレイしたい作品だと思いました。

【公式サイト】

白の魔

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」より「奴隷商人物語」をダウンロード

【SSGの入手先】

「奴隷商人物語」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.13