この記事は約 3 分で読めます ( 約 1325 文字 )

ファントムルーラー

【本記事の概要】

「KOU」様の「ファントムルーラー」をプレイしたので紹介記事を書きます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

■ストーリー

そこは世界の大半が闇に覆われた世界。7人の悪意ある者達の手によって、世界は闇へと染まっていった。

残されたのは僅か3つの国々……。彼らは7人の悪意ある者達の強大な力に抗いながらも、多大な犠牲を払い、勝利を手にした。

300年後、魔物を生み出す『呪いの夜』と呼ばれる現象に悩まされながらも、平和に暮らすリヴィアス王国の人々。

この物語は、そのリヴィアス王国の王女アーネスティン・レンフィースの苦難と成長の物語である。

■作品紹介

自作キャラグラフィックによる表情、ドット絵等の変化による演出でストーリーを盛り上げます。

戦闘は一人一人が順番に行動するサイドビューRPG。動きのあるキャラモーション、自作モンスターグラフィック、1バトルに一度の戦術システムでバトルを盛り上げ、結晶を集めて魔法、スキルを修得する魔法修得システム、スキルを装備してバトルを有利にするスキルシステムなど、見どころ満載のRPGです。

ストーリーを追うために簡易難易度のノーマルモードに、高難易度な戦闘を楽しめるリアルモードを実装。リアルモードでは敵のパラメーターだけでなく、行動、技の威力等も変化します。

※本作品は若干のホラー要素(即死イベントは無し)があります。また、キャラチップによるグロテスクな流血表現があるため、苦手な方はご注意下さい。なお、オプションでこれらの要素を軽減できます。

■プレイ時間

15時間~

■制作ツール

RPGツクールVX

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

ウィスタン洞窟に突入するところまでプレイしました。プレイ時間は1時間20分程度です(ゲーム内時間)。難易度はノーマルを選択しました。

<このゲームについて>

主人公の王女が誘拐されても前向きに振る舞い成長していく物語です。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです

戦闘ビューはドット絵が動き回るサイドビューです。

CTBが導入されています。

雑魚敵との戦闘

基本的に通常攻撃のみであしらえます。ただし、浮遊している相手に対しては魔法を使う必要があります。

ボス敵との戦闘

弱点を突くスキルを使っていけば倒せます。ほとんどの場合ボス戦前には回復クリスタルが設置されているので雑魚戦でMPを使い切っても問題ありません。

<スクリーンショット>

ダンジョン画面

ダンジョン画面

戦闘画面

戦闘画面

<総括>

誘拐されても前向きな王女が旅をし成長して行く姿を描いた物語です。

難易度ノーマルの場合戦闘面ではそこまで苦戦する要素はなさそうに感じました。

サブイベントやが充実しており、寄り道も十分に楽しめると思われます。

【公式サイト】

ファントムルーラー

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「ファントムルーラー」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

3.04

【更新履歴】

【更新01】2017/05/26 00:00
  • 3.04に対応