この記事は約 3 分で読めます ( 約 1560 文字 )

東方構築鉄Ⅱ

【本記事の概要】

本記事では、「tktk」氏作RPGツクールVXAce製東方二次創作RPGである「東方構築鉄Ⅱ」について紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

東方構築鉄をやった人ならぜいいん(何故か変換できない)解るのでは?と思うが東方有頂天だからな、全力で注意すろ!追撃の低スキルなB語があるからな「無理wwwwwサポシwwwwww」という人はバックステッポするのをオススメする「うはwwっをおkwwww」ならびゃ全力でしてみるべきそうすべき

■制作ツール

RPGツクールVX Aceで作りました

■プレイ時間

通しプレイでは15時間程度(プレイ時間は恐らく15~20時間程度だと思います)

■ちょっとした注意事項

  • 東方構築鉄クリア後前提なので注意してください。
  • 東方有頂天”風”の東方二次創作ゲームですのでご注意下さい (重要)。
  • ブロント語が一般貧弱レベル。
  • キャラ崩壊が激しいです(男口調、ブロント語、男性ボイス等…。
  • りんどみ~というファイルは読むようにお願いします。
  • verUPでマップとイベントとかが一部変更になる為、verUPで動けない場所にいる可能性があるのでセーブデータ引継ぎの際は注意して下さい。 (セーブデータを読み込んで、動けない場所にいたのなら、前のverで位置を動かしてから再度引継ぎしてみて下さい。

■戦闘システムとか

構築鉄と基本は同じですが汎用・特殊スペルの装備できる枚数が1枚ずつ増えていますまた、幸運によるMP再生及び、防御時のMP回復量も若干下がっています

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

天子戦敗北後、雑魚敵と数回戦うまでプレイしました。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はおそらくマップ移動と思われます。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

天子戦

前作「東方構築鉄」では通常攻撃のみであしらえる程度の強さでしたが、今作ではかなり強化されています。前作ではチュートリアル扱いでしたが今作では本気モードです。ルーミアやレティの中途半端な火力の攻撃は弱点をついても無力化される場合がほとんどです。火力が中途半端なルーミアやレティは支援に回ったほうが良さそうです。火力の高いチルノと大妖精が攻撃を担当すると良いでしょう。

雑魚敵との戦い

前作と比べてこちらも大幅に強化されています。前作ではオートで難なくあしらえる事が多かったのですが、今作の場合あわよくば全滅しそうな勢いで2人同時に戦闘不能に陥ったこともあります。セットしているスペルが悪かったからかもしれませんが、それにしてもかなり強くなっている印象を受けました。

<前作との違い>

  • 敵が強化されている
  • キャラの絵が変更されている
  • ゲーム開始時に手に入る汎用スペルはランク2まで→ランク4まで(よりたくさんのスペルがゲーム開始時に手に入る)
  • 専用スペルは最初から全部(?)使用可能
  • 新たに特殊スペルが設けられている
  • 汎用スペル枠が2増加、専用スペル枠もとい特殊スペル枠が1増加

<総括>

前作「東方構築鉄」の2周目互換を謳っているだけあってゲーム中の説明が結構端折られていたりします。試行錯誤しながらプレイできないこともないですが結構難易度が高めに設定されているため、前作をプレイしていない人が新規でプレイするのは難しいと思います。前作をプレイしてから今作をプレイしつつ前作との違いを探しながらプレイすることをおすすめします。かなり手応えのありそうなゲームだと思いました。

【公式サイト】

tktkの貧弱一般日記

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」より「東方構築鉄Ⅱ」をダウンロード

【SSGの入手先】

「東方構築鉄Ⅱ」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.01