この記事は約 3 分で読めます ( 約 1202 文字 )

記事の概要

この記事では、「時雨屋」様の「名のない司書と閑話休題」を紹介します。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

作品の情報

タイトル
名のない司書と閑話休題
製作者
時雨屋
キャッチコピー
記憶喪失の妊婦さんと、四季が入り乱れる図書館を探索する短編RPG
公式サイト
時雨屋本店
入手先

プレイした雑感

ゲームの特徴

このゲームには以下の特徴があります。

  • 記憶喪失の妊婦さんをかばいながら四季が入り乱れるダンジョンを探索するゲームです。
  • ショップらしきものが存在しないため、回復アイテム等のリソースが限定されます。
  • 1マップあたりの広さがそこそこ広いのでもしかしたら迷うかもしれません。
  • ところどころで回想場面が挿入されます。

戦闘について

戦闘システム

  • エンカウントはランダムエンカウントが採用されています。
  • 戦闘ビューはフロントビューが採用されています。
  • 単体攻撃は主人公のみにあたり、主人公の HP が0になると Game Over となります。
  • ダンジョンのボスを倒した先にあるエリアに回復スポットが設置されています。

雑魚敵との戦闘

通常攻撃のみで倒すのは時間がかかりますが、ボス戦での回復リソースを考えるとできるだけMPは節約したいところです。

倒すとたまにアイテムや装備を落とす事があるので、レベル上げと兼ねて戦ってみるのもありかもしれません。

ボス敵との戦闘

回復リソースが足りないと苦戦を強いられます。雑魚戦や探索でどれだけアイテムを得られるかで難易度が変わってきそうです。

総括

限られたリソースを活用しながらダンジョンを探索するRPGです。ほとんどのアイテムの入手は運次第なので運に自信がある方は挑戦してみると良いかもしれません。

SSGの情報

タイトル
「名のない司書と閑話休題」のSSG
入手先
対応バージョン
Ver. 1.02
ダウンロード回数
6 Downloads
備考