この記事は約 2 分で読めます ( 約 1089 文字 )

だぁくねすえんぺらぁ

【本記事の概要】

本記事では、「storick」様の「だぁくねすえんぺらぁ」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより)

ハチャメチャRPG見参ッ!!「全く普通のRPG」の正統続編ですが、知らなくても全然大丈夫です。

RPGですが、第一章は全然出歩けないしストーリーばかりなのでゲーム部分を楽しみたい方にはちょっとツラいものが(汗)。ノリは「全く」と一緒なので、前回駄目だった人にはオススメ出来ません。第一章はアドベンチャーRPGと言った方がいいのかも...?鬱陶しい位のシュールさにあなたは耐えられるか!!?

現在は第一章までプレイ可能です。

※ゲームを始めて、最初の選択肢を「え、何それ? キモ...」と「知るかハゲ!」を選択するとちょっとしたものが見れるので是非本編をプレイする前にお選びください。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

おまけと本編の両方をクリアするまでプレイしました。

<このゲームについて>

おまけは闇の帝王が混沌に挑むといった普通のRPGです。

本編は突っ込みどころ満載のコメディチックなゲームです。

<おまけの戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはランダムエンカウントです。エンカウント率は普通です。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムは特にありません。

雑魚敵との戦闘

特に苦戦することなく通常攻撃のみで倒せます。

ボス敵との戦闘

スキルを使いこなせば難なく倒せると思います。

<本編の戦闘について>

敵のボケに対し、適切なツッコミを選択するゲームです。正解の選択肢を選ぶと敵の体力を1単位削れ、中途半端なツッコミの選択肢を選ぶと敵の体力を半単位削った後反撃を喰らいます。不正解のツッコミだと反撃をモロに喰らいます。自分の体力が尽きる前に敵の体力を削りきれば勝利となります。

<総括>

おまけの方はまともなRPGの範囲内にはあるもののそこそこ面白かったです。しかし、本編はツッコどころ満載で、ツッコミの概念が崩れ去るようなツッコミを選択する必要もあったりと感覚が破壊されてしまうこともあるかもしれません。ただし、かなり面白かったというかかなり笑いながらプレイ出来たと思います。みなさんもぜひプレイしてみてください。あと、「一週間戦争」の「ティエス」の水着姿は素晴らしかったです。

【公式サイト】

Cat End Turn -キャット・エンド・ターン-

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」より「だぁくねすえんぺらぁ」をダウンロード

【SSGの入手先】

「だぁくねすえんぺらぁ」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.01