この記事は約 2 分で読めます ( 約 1008 文字 )

幻想郷のMQ

【本記事の概要】

本記事では、「ベネディクタ」氏作RPGツクールVXAce製東方二次創作RPGである「幻想郷のMQ」について紹介します。

【ゲーム紹介】(適当)

ある日、紫はにとりが作った「てれびげぇむ」なるものに熱中していた。式神の藍に呆れられたが、紫は藍にも遊ぶように促した。藍もしぶしぶ遊んでみるがやはり熱中してしまうのだった。そこで紫は「てれびげぇむ」と同じことが現実世界に起こせないものか考え、その結果とあるイベントを開催するに至ったのであった。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

ルーミア戦までプレイしました。強敵シンボルも1体倒しました。

<戦闘の難易度>

装備が整っていないうちは先に進もうとするとかなり苦戦すると思われるので、まずは装備を整えましょう。初期メンバーにもよるとは思いますが、魔法特化パーティー以外なら装備が整えば通常攻撃のみで雑魚敵は倒せそうです。

強敵シンボルですが、徘徊している雑魚敵と比べるとかなり強いです。接触してしまった強敵シンボルはルーミアの数倍は強いと思われます。余程の自信がない限り序盤は強敵シンボルだけは頑張って避けましょう。

<接頭語付与システム>

アイテムの入手法は香霖から買うか、にとりに合成してもらうかの2通りあります。

アイテムに関しては、価格が多少違うだけで性能は同じものができます。

装備品に関しては、香霖から買った場合は何の接頭語もつかない普通の装備品が、にとりに合成してもらうと接頭語のついた装備品が手煮入ります。接頭語による補正は様々で、要は運試しのようなものです。

なお、装備品は同じ種類のものでも一個一個個別に管理されるため、装備品をたくさん買うと重くなってしまいます。装備品の買いすぎには注意が必要です。必要最低限の装備のみ買うようにしてください。

<総括>

このゲームは幻想郷オールスターによるお祭ダンジョンゲーとなっています。総アクター数は90前後です。全キャラクターを最終的には仲間にできるようなっているらしく、また、キャラ加入時のレベルも主力パーティとほぼ同程度のレベルで加入するようなので即戦力にもなりそうです。好きなキャラクターで思いのままにプレイしたい方におすすめできる作品です。

【公式サイト】

東方RPG遊び場。

【ゲームの入手先】

記事「幻想郷のMQ。11/18日更新。」

【SSGの入手先】

「幻想郷のMQ」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.15