カテゴリー:RISEの記事一覧

一般向け同人ゲーム改造館

一般向けの同人ゲームを紹介したり、専用の改造ツールをを配布したりするブログです。

カテゴリー:RISE
「魔剣少女の物語」の紹介とSSG

魔剣少女の物語

【本記事の概要】

この記事では、「RISE」様の「魔剣少女の物語」を紹介します。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

■プレイ時間

2~3時間

■制作ツール

RPGツクールVXAce

■ゲーム紹介文

よくある雰囲気のファンタジーRPGです。ストーリーメインなので会話イベントが長めです。と言いつつ戦闘難易度はちょっぴり高いかもしれません。

【プレイした雑感】

<このゲームについて>

魔剣を守る少女が魔剣の力を借りて冒険をするといった内容のゲームです。

<プレイした範囲>

最初のボスを倒したところまでプレイしました。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントとランダムエンカウントの両方が採用されています。

シンボルエンカウントのシンボルの復活条件はマップ切り替えで、ランダムエンカウントのエンカウント率は普通程度ですがキャンセルすることが可能です。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムとしてはATBが挙げられます。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵は回数制限がないスキルを中心に使っていけば倒せる程度です。

ボス敵との戦闘

ボス敵は体力・火力ともに高めで、レベル上げをしたり、しっかりと作戦を考えてスタイルを変更したりしないと厳しいかもしれません。。

<スクリーンショット>

ダンジョン画面

ダンジョン画面

戦闘画面

戦闘画面

<総括>

魔剣を託された少女が冒険をする様子が描かれたゲームです。

スタイルを変更することで能力が上げしてそのスタイルに適した能力になったりする要素があります。

手応えのある短編RPGをプレイしたい方におすすめの作品といえるでしょう。

【公式サイト】

ツクールノート

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「魔剣少女の物語」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.01

「東方悠久闇Ace」の紹介とSSG

東方悠久闇Ace

【本記事の概要】

本記事では、「RISE」様の「東方悠久闇Ace」について紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(適当)

幻想郷の結界が一時的に決壊してしまった。そのせいで下級妖怪が暴走するようになってしまった。その異変を解決するため、謎の青年”恭也”と妹紅は立ち上がるのだった。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

霊夢VSスライムズあたりまでプレイしました。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはランダムエンカウントとシンボルエンカウントの両方が採用されています。ランダムエンカウントのエンカウント率は普通で、キャンセルが可能です。ただし、キャンセルし過ぎるとキャンセル負荷になることがあります。シンボルエンカウントのシンボルの復活条件はおそらくマップ移動と思われます。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムはATBが導入されています。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵は通常攻撃であしらえる程度です。結構数が多いのでスルーしたくなりますが、しっかりと倒さないとレベル不足になりがちになるようです。なお、レベルアップ時に体力と霊力が全回復する仕様なので、回復アイテムを使うのはせいぜいボス戦くらいでしょう。

ボス敵との戦闘

ボス戦は雑魚敵とは比較にならないほど強いです。人里でどのようなアイテム・装備を買うか、どれだけ雑魚敵と戦うかという戦略が重要になると思います。

<キャラクターについて>

東方をあまり知らないのでキャラの個性とかはよくわからないのですが、本作限定(?)の”恭也”は戦闘中の立ち絵や性格はカッカイイと思いました。

<ダンジョンについて>

体感的に非常に長く、迷ったのではないかとしばしば思うほどでした。

<総括>

「東方悠久闇」をプレイしてからかなりの時間が立っているためなんとも言えませんが、なんとなく雰囲気が変わったような印象を受けました。相変わらずの難易度でじっくりと準備を整えてから先に進むべきだと思わされたゲームでした。機をみてじっくりとプレイしてみたいと思う作品です。

【公式サイト】

ツクールノート

【ゲームの入手先】

公式サイトより「東方悠久闇Ace」をダウンロード

【SSGの入手先】

「東方悠久闇Ace」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.01

「東方嫁無双」の紹介とSSG

東方嫁無双

【本記事の概要】

本記事では、「RISE」様作RPGツクールVX製東方二次創作RPGである「東方嫁無双」について紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(適当)

このゲームは、宝箱を開けたり、倒さなくてもいい敵を倒して仲間にしたりしながら好きな4人パーティーを組んでダンジョンの最下層を目指すゲームです。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

レティ・ホワイトロックのところまでいったと思います。

<戦闘について>

エンカウントシステムはシンボルエンカウントとキャンセル可能型ランダムエンカウントが採用されています。きのこのシンボルは見逃しがちと思われますが、戦えます。勝利すると霊力を1回復できるアイテムを貰える事があります。

雑魚敵の強さは通常攻撃であしらえる程度です。レベルアップで体力・霊力共に全回復するようです。しかし、この作者のゲーム全般にに共通することなのですが、ボスはかなり強めで、レベル上げや装備集めを頑張らないとまず勝てません。

<成長システムについて>

ダンジョンに潜っている間はレベルが上がり続けますが、拠点に帰還するとレベルが1に戻ってしまいます。その代わり、拠点では所持金を用いて能力アップできるところがあります。これを利用しないと多分クリアすることは難しいかもしれません。

レベルを上げるには、シンボルエンカウントの敵だけでは限りが有るのでキャンセル式ランダムエンカウントで稼ぐよりないでしょう。

<総括>

紹介文を見てピンと来た方もいらっしゃると思われますが、このゲームは「東方版らんだむダンジョン」というにふさわしい感じのゲームです。「らんだむダンジョン」に比べて難易度はかなり高めですが・・・。時間をかけてじっくりとプレイしたい作品だと思いました。

【公式サイト】

ツクールノート

【ゲームの入手先】

記事「【東方嫁無双】Ver,1.03」

【SSGの入手先】

「東方嫁無双」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.03

「東方悠久闇」の紹介とSSG

東方悠久闇

【本記事の概要】

本記事では、「RISE」様作RPGツクールVX製東方二次創作RPGである「東方悠久闇」について紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(適当)

幻想郷の結界が一時的に決壊してしまった。そのせいで下級妖怪が暴走するようになってしまった。その異変を解決するため、謎の青年”恭也”と妹紅は立ち上がるのだった。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

ルーミア戦で詰みました。

<戦闘について>

雑魚敵は通常攻撃であしらえる程度です。結構数が多いのでスルーしたくなりますが、しっかりと倒さないとレベル不足になりがちになるようです。なお、レベルアップ時に体力と霊力が全回復する仕様なので、回復アイテムを使うのはせいぜいボス戦くらいでしょう。

ボス戦は雑魚敵とは比較にならないほど強いです。人里でどのようなアイテム・装備を買うか、どれだけ雑魚敵と戦うかという戦略が重要になると思います。

<キャラクターについて>

東方をあまり知らないのでキャラの個性とかはよくわからないのですが、本作限定(?)の”恭也”は戦闘中の立ち絵や性格はカッカイイと思いました。

<ダンジョンについて>

体感的に非常に長く、迷ったのではないかとしばしば思うほどでした。

<総括>

このゲームはじっくりと準備を整えてから先に進むべきだと思わされたゲームでした。機をみてじっくりとプレイしてみたいと思う作品です。

【公式サイト】

ツクールノート

【ゲームの入手先】

記事「【東方悠久闇】Ver,1.06」

【SSGの入手先】

「東方悠久闇」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.06

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。