この記事は約 2 分で読めます ( 約 981 文字 )

記事の概要

この記事では、「時雨屋」様の「流れよ我が涙、と魔法使いは言った。」を紹介します。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

作品の情報

タイトル
流れよ我が涙、と魔法使いは言った。
製作者
時雨屋
キャッチコピー
* やみのなかにいる *
公式サイト
時雨屋本店
入手先

プレイした雑感

ゲームの特徴

このゲームには以下の特徴があります。

  • 全5層の3Dダンジョンを探索するゲームです。
  • 宿屋では会話イベントが発生します。
  • 難易度によってはデスペナルティが強めです。

戦闘について

戦闘システム

  • ランダムエンカウントが採用されています。
  • 戦闘ビューはフロントビューが採用されています。
  • 6人パーティ制です

雑魚敵との戦闘

基本的には通常攻撃のみで倒せますが、敵の魔法攻撃と後衛職への攻撃はそこそこダメージが入るので油断は禁物です。

ボス敵との戦闘

基本的に後衛職が脆いので、全体攻撃を常に警戒する立ち回りが求められます。

総括

ウィザードリィ風と銘打つデスペナルティが強めの3Dダンジョン探索型RPGです。

デスペナルティが強めで常に緊張感が求められる感じのゲームに興味がある方におすすめの作品といえるでしょう。

SSGの情報

タイトル
「流れよ我が涙、と魔法使いは言った。」のSSG
入手先
対応バージョン
Ver. 1.01
ダウンロード回数
17 Downloads
備考