この記事は約 3 分で読めます ( 約 1226 文字 )

NAMELESS DAYS

【本記事の概要】

本日は「ハリー」様の「NAMELESS DAYS」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

■制作ツール

RPGツクールVXace

■プレイ時間

5~6時間

■ゲーム紹介文

東と西の2つの国を駆け巡る物語。

情報屋の少年ルーカスは、東の国での仕事からの帰り際、1人の少女の襲撃を受ける。激しく切り結ぶ2人だが、突然異様な気配に包まれる。

ルーカスは少女を連れて急遽西の国へと脱出、しばらく少女と行動を共にすることに。

道行く先々で敵、そして協力者達に出会うルーカス達。旅路の中でルーカスは、秘めていた己の忌まわしい出自と向き合うことになっていく。

■このゲームの特徴をリストアップ

RPG紅白4出展作品。テイルズシリーズをオマージュ。とことん戦闘に拘って製作しました。爽快なサイドビューバトルを是非お楽しみあれ。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

東の国の関所を通過したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

情報屋の少年が仲間たちとともに悪の組織的なものに立ち向かうといった内容のRPGです。

<ダンジョンについて>

内部構造はやや複雑で多少迷うかもしれません。外部構造はそれほど複雑には感じませんでした。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはランダムエンカウントです。エンカウント率はやや高めに感じました。

戦闘ビューはドット絵が動き回るサイドビューです。

特殊なシステムとしてはTP維持が挙げられます。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵は通常攻撃(MP消費)のみであしらえる程度ですが、たまに強烈な一撃を放ってきたりするので油断は禁物です。

通常攻撃はMPを消費しますが、TPが回復します。MPはTPを消費することで回復できます。よってMPもTPも枯渇した場合何もできなくなる点に注意が必要です。

ボス戦前にはHP・MPが全回復できる回復スポットがあるのでその辺も頭に入れておきましょう。

ボス敵との戦闘

バフ・デバフ・妨害をしっかりかけた上で奥義をできるだけ叩き込むことで勝利できるレベルです。

ストーリーで戦うボスは相応の強さですが、サブイベントで戦うボスはかなり強い場合があるので注意が必要です。

<総括>

サイドビュー視点でドット絵が動き回り、通常攻撃によってスキルが3つ発動する代わりにMPを消費するといった斬新なシステムのRPGです。

この斬新なシステムによって戦闘時は爽快感を覚えました。また、奥義のエフェクトも結構派手でした。

華やかな戦闘システムが搭載されたサイドビュー戦闘のRPGに興味がある方におすすめのゲームといえるでしょう。

【公式サイト】

(なし)

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」で「NAMELESS DAYS」をダウンロード

【SSGの入手先】

「NAMELESS DAYS」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.06