一般向け同人ゲーム改造館

一般向け同人ゲーム改造館

一般向けの同人ゲームを紹介したり、専用の改造ツールをを配布したりするブログです。

記事一覧

「東方魔幻想」の紹介とSSG

東方魔幻想

【本記事の概要】

本記事では、「夢中迷走」様の「東方魔幻想」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(公式サイトより)

総勢65人の偽者を本物達と共に撃破していきます。

最初から大部分のメンバーが使用可能です。基本的にやはり6ボスやEXボスのキャラが強いので1ボスや2ボスばかりで組むと厳しいかもしれません。

それでも育てると最終的に能力値的な差はほぼ無くなるので使う人はキャラに対する愛とか何かでカバーしてください。

各キャラクターには相性や支援効果が設定されており、それぞれ戦闘開始時に効果を発揮します。といってもそれが無ければ勝つことが不可能!ということはありません。

姉妹などで組んでも何も恩恵が無いのは寂しいと思って追加した程度の機能です。

【プレイした雑感】

<このゲームについて>

仲間は総勢65人という大ボリュームです。ボスも仲間の偽物なので最低65人いるという事になります。

ゲームの展開は戦うボスを吟味して、該当キャラをパーティーに入れ、ダンジョン等でレベルを上げて、ボスに挑むというものです。

ゲーム開始時にはしっかりとマニュアルを熟読&理解してからプレイすることをおすすめします。(←マニュアルをほとんど見ずにプレイしました)

<戦闘について>

戦闘システムは「ざくざくアクターズ」と同じ8人パーティ制です。戦闘中でも入れ替えが可能です。

異なる点は戦闘開始時後衛にいたキャラクター戦闘開始時に前衛にいたキャラクターに比べて取得経験値が少なめである点、前衛が壊滅すると後衛が救援に駆けつける点です。

雑魚戦は適正レベルならオートで何とかなる程度です。戦闘高速化機能もありますが、この機能を使ったら場合、展開が早すぎて何がどうなっているのかよくわからなくなるので使う際は注意してください。状態異常の種類もかなり多く、また、直感的にわかりにくいものが多いです。

<その他の要素>

実績というやりこみ要素もあります。ミニゲームもいくつかあるようで、ミニゲームで得られる実績もあるようです。

<総括>

率直に言うと、このゲームはやりこみ要素のある作業ゲームという印象を受けました。

【公式サイト】

夢中迷走

【ゲームの入手先】

公式サイトより「東方魔幻想」をダウンロード

【SSGの入手先】

「東方魔幻想」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

4.8

【更新履歴】

【更新1】2015/03/16 19:46

  • リストファイルの修正

「東方自然癒」の紹介とSSG

%e6%9d%b1%e6%96%b9%e8%87%aa%e7%84%b6%e7%99%92

【本記事の概要】

本日は「東方自然癒プロジェクト」様の「東方自然癒」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(Vectorより)

清々しい香りを纏う、少女の姿をした妖怪が博麗神社に訪れる。植物が枯れる異変が起きた、と言う妖怪。巫女と魔法使いはいつもと同じように異変解決のために出かけることにしました…。

戦闘は、シンプルながらテンポの良いサイドビュー、アクティブタイムバトル。派生スペル、ユニーク武器、結界などのシステムにより、手軽で派手な爽快戦闘が楽しめるようになっています。

また、陣力システムによってキャラクターを自分好みに強化していくことも可能です。

隠しキャラクターやレア装備、隠れボスなどもあり、ただ普通にクリアするだけでは物足らない、という方へのやりこみ要素もあります。

難易度はすぐに変更できるので、RPGや戦闘が苦手という方や、結界一つで戦況が一気に傾く緊張感が欲しい方などもプレーしてみてください。

【プレイした雑感】

主人公は植物系の妖怪の女の子です。性格は天然というか純粋というかそんな感じです。

東方に関しては、ドラゴンボールやカルドセプトとのコラボ作品から得た知識程度しかないのですが、主人公の純粋な反応はかなり楽しめました。

戦闘システムはシンボルエンカウントで、敵復活条件はマップ間移動と歩数のようです。

戦闘の難易度はデフォルトで普通の敵なら通常攻撃で何とかなる程度。

時々物理が効きにくい敵が出てきますが、その時は魔法属性のスペルカードを使えば倒せます。

チェインシステムを導入しており、つなげればつなげるほど何らかのボーナスが得られるようです。

結界等のシステムはまだ体感していませんが、いろいろと奥の深いゲームだと思いました。

麻雀やシューティング系のミニゲームもあるようです。

ミニゲームで一定のスコアを出すことでのみ手に入るアイテムや、特定ボスのレアドロップでのみ手に入るアイテムもあるようです。

東方作品をよく知っていればその分かなり楽しめそうな作品だと思いました。

【公式サイト】

東方自然癒プロジェクト

【ゲームの入手先】

「Vector」より「東方自然癒」をダウンロード

【SSGの入手先】

「東方自然癒」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.14

【更新履歴】

【更新1】2015/03/16 19:43

  • リストファイルを修正

「MONSTER RINGDOM ~ ホーリー祭3rd」の紹介とSSG

monster-ringdom-%ef%bd%9e-%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e7%a5%ad3rd

【本記事の概要】

本日は「ARCSTAR RINGDOM」様の「MONSTER RINGDOM ~ ホーリー祭3rd」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより)

ポ○モン風モンスターバトルゲームが登場!

主人公の女の子フレイとなり、120体以上のメインモンスター+100体以上のサポートモンスター+その他の新システムと共に、知恵と力とレベルと物理を絞って難関に立ち向かえ!

ストーリーや演出面を極力簡素化し、モンスターを集め育てバトルする事に重点を置いています。

古参もご新規さんも是非どうぞ。

バージョンアップにより知恵は全く絞らなくても良い「カジュアルモード」も追加されました。

【プレイした雑感】

バトルのルールはポケモンバトルの3on3バトルのようなものです。

ただし、交換コマンドの代わりに逃げるコマンドがあります。

つまり、確実に交代できるわけではないので運が絡みます。

ポケモンバトルでは持たせられる道具は1つまでですが、このゲームではサポートモンスターを2匹つけられます。

ただし、メインモンスターもサポートモンスターもバトル時に「ブレイブオーダー」と呼ばれる条件を満たさなければ入手できません。(ノーマルモードの場合)

ブレイブオーダーの中には、弱点を突かれやすい属性のモンスターのみ使用可とか、弱点を突きにくいのモンスターのみ使用可といったものもあり、パーティ選出からの戦術・戦略の構築が求められます。

経験値が比較的たまりにくいといった点を除いては、個人的にかなり楽しめた作品です。(ラスダンをまだクリアしていないけど)

基本的にはまず通常モードでプレイし、合わなかったらカジュアルモードでプレイするとよいでしょう。

【公式サイト】

ARCSTAR RINGDOM

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」より「MONSTER RINGDOM ~ ホーリー祭3rd」をダウンロード

【SSGの入手先】

「MONSTER RINGDOM ~ ホーリー祭3rd」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.17

「Angels & Manjyus」の紹介とSSG

angels-manjyus

【本記事の概要】

本日は「銘菓!エンゼルまんじゅう」様の「Angels & Manjyus」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(Vectorより)

RPGツクールVXで製作したオーソドックスタイプのファンタジーRPG。プレイヤーは、主人公「エンゼルマリー」を操り、迷宮へ挑みます。

【プレイした雑感】

乳揺れが目立つダンジョン探索型RPG。

ゲームシステムは「らんだむダンジョン」「ざくざくアクターズ」のようにランダムにアイテムが出現する宝箱からアイテムを入手し、集め、ダンジョンの奥にいるボスを倒すというものです。

違う点は、雑魚戦がヌルめである点、雑魚を倒すとドロップアイテムの代わりに宝箱が手に入る点です。

雑魚戦は物理(魔法)属性の全体攻撃武器で通常攻撃するだけで倒せるレベルです。ただし、アイテム集めに必死になっている間にレベルが上がりすぎただけかもしれません。

独自のシステムとして、スキル屋でスキルを購入できる点、教会で加護と呼ばれるパッシブスキルを購入できる点があります。加護は専用のスロットがあり、スロットに装着しないと効果が得られません。

スキルや加護の種類はシナリオを進めるたり、規定レベル以上になったりすると増えていきます。

前半は2~3人パーティですが後半は最終的には10人から4人を選べるようになります。

しかし、プレイしたひとの大多数のパーティはおそらく乳揺れ4人組ではないかと思われます。

もちろん、自分の最終パーティも例の4人組でした。

強制的に乳揺れ4人組のすべての装備を外してくる技を使ってくる雑魚(レア)敵も存在します。

何度も遭遇していると、鬱陶しくなるのですが、専用のCGがあるので一度は見てみるといいでしょう。

【公式サイト】

銘菓!エンゼルまんじゅう

【ゲームの入手先】

「Vector」で「Angels & Manjyus」をダウンロード

【SSGの入手先】

「Angels & Manjyus」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

2.02

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus