カテゴリー:柳葉竜兎の記事一覧

一般向け同人ゲーム改造館

一般向けの同人ゲームを紹介したり、専用の改造ツールをを配布したりするブログです。

カテゴリー:柳葉竜兎
「闇の覇者Ⅱ ~黒く染まる大地と太古の魔神~」の紹介とSSG

闇の覇者Ⅱ ~黒く染まる大地と太古の魔神~

【本記事の概要】

本記事では、「柳葉竜兎」氏の「闇の覇者Ⅱ ~黒く染まる大地と太古の魔神~」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより)

■STORY■

遥かな太古・・・一本の聖樹が世界に根を下ろした世界で。

これから語られしはヴァプラ、イースレイ、リフル、シュトリと言った英雄達が世界の存亡をかけた戦いを経て聖樹より生み出されし理の使徒を撃滅した後の時代の物語。

■概要■

  • 闇の覇者~竜の傭兵団~の続編。
  • 厨2路線の王道ファンタジーRPG。

↓前作の闇の覇者をプレイしていればより楽しめます。

http://www.freem.ne.jp/win/game/1048

■プレイ時間■

14時間前後

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

とある異変が起きた村をの側にある森を探索中宝箱に隠れている魔物と戦闘し、全滅するところまでプレイしました。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ移動のようですが、SPを消費してパッシブスキル(?)を得るためのキューブに触れると復活します。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムとしてはオーバードライブが挙げられます。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵は通常攻撃であしらえなくもないですが、オープニングまでの戦闘は回復アイテムの数も限られるので出来るだけ被ダメを抑えるようにしたほうが良さそうです。

ボス敵との戦闘

スキルを駆使すれば倒せると思います。そこまで強くは感じませんでした。

宝箱に隠れている魔物との戦闘

そこそこ強いです。1人が戦闘不能になったらそのまま立て直せずに全滅してしまいました。

<総括>

敵の強さはピンからキリまであり迂闊に手を出すと全滅してしまいます。セーブはこまめにしたほうが良いでしょう。なかなか手応えのある面白そうな作品だと思いました。

【公式サイト】

柳葉GAMETOWN

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」より「闇の覇者Ⅱ ~黒く染まる大地と太古の魔神~」をダウンロード

【SSGの入手先】

「闇の覇者Ⅱ ~黒く染まる大地と太古の魔神~」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

2.05

「魔の樹海と黒き魔城」の紹介とSSG

魔の樹海と黒き魔城

【本記事の概要】

本記事では、「柳葉竜兎」氏の「魔の樹海と黒き魔城」を紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより)

柳葉GAMESTATIONが送る王道ファンタジーRPG第二弾。

王道、しかし普通の王道RPGとは一味違う物語をお楽しみください。

オリジナルイラストとオリジナルBGMがゲームを盛り上げます。

本作は連載形式のRPGです。内容が完成次第、少しずつ公開していきます。

第8回ふりーむ!ゲームコンテストで長編RPG部門銅賞に輝きました。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

セルジュ組が死霊と遭遇後、初めて赤シンボルに遭遇&全滅するところまでプレイしました。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ移動です。

戦闘ビューは前列・後列の隊列ありのなフロントビューです。

特殊なシステムは疲労度とオーバードライブ(?)があるようです。

雑魚敵(黒・青シンボル)との戦闘

体力の少ない人は足手まといになりがちですが、大体(青シンボルの場合は対屍属性を付与した)通常攻撃であしらえる程度です。体力の少ない人のために回復・蘇生アイテムは多めに持って行ったほうが良いでしょう。

雑魚敵(赤シンボル)との戦闘

まず勝てません。接触したらゲームオーバーも同然です。頑張って避けましょう。

ボス敵との戦闘

かなりギリギリの戦いを繰り広げましたが、スキルを駆使すれば倒せると思います。

<総括>

若い連中の性格がかなり尖っていて中年以降の人たちは温厚な感じの性格というように個性が際立っています。赤シンボルを除けば戦闘の難易度は少し高いかどうかという程度に感じました。なかなか手応えのある面白そうな作品だと思いました。

【公式サイト】

柳葉GAMETOWN

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」より「魔の樹海と黒き魔城」をダウンロード

【SSGの入手先】

「魔の樹海と黒き魔城」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.11

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。