カテゴリー:カナヲの記事一覧

一般向け同人ゲーム改造館

一般向けの同人ゲームを紹介したり、専用の改造ツールをを配布したりするブログです。

カテゴリー:カナヲ
「作葬グレイブキーパー」の紹介とSSG

作葬グレイブキーパー

【本記事の概要】

本日は「カナヲ」様の「作葬グレイブキーパー」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより)

ジャンルリソース管理ダンジョンRPG
プレイ時間約2時間

瘴気に沈んだ大地にそびえる積層都市バベル。その上層に小さな工房を構えるクラフト技師リーザは常連の闇商人エフセイ・モソロフからかつてのリーザの故郷『第Ⅳ廃層・旧55番街』にある魔物が現れたこと、そしてそれを知ったある墓荒らしが血相を変えて55番街に向かったことを聞く。

「ひょっとしたら、同郷の人間なのではないかと思いまして。一応キミの耳にも入れておこうと思ったわけです」
「……私が、止めなきゃ……。 このままでは、兄さんが死んでしまう……」

リーザはアイテムを生成するそのクラフト魔法だけを頼りに危険な廃棄区画へ、そしてかつての因縁の地へ降り立つ……。

ランダム生成されるダンジョンを奥へ奥へと進んでいくダンジョンRPGです。ただしリーザは武器をもって魔物と戦う技術を持っていないため素材を組み合わせてアイテムを作り出す『クラフト魔法』を駆使し作り出したアイテムの力だけでダンジョンを攻略しなければなりません。手持ちのアイテムと効率を天秤にかける、リソース管理要素が強いです。

クリアまでの日数などがカウントされますが、とくにエンディングに影響したりはしないため気にせずじっくり遊ぶもよし、どこまで無駄なく攻略できるか挑戦するもよし。スタッフロール後にリザルト画面に移行します。

また、このゲームは『積層グレイブローバー』の番外編として作られているため『積層グレイブローバー』をプレイしているとよりお楽しみいただけますが未プレイでもストーリー上とくに支障はありません。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

チュートリアルをクリアしたところまでプレイしました。

<このゲームについて>

危険区域に足を踏み入れている兄を止めるため、ランダム生成されるダンジョンを探索していくと言った主旨のリソース管理RPGです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ移動です。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムはありません。

雑魚敵との戦闘

戦闘前に戦うか否かを選択できます。シンボルに囲まれる戦わざるを得なくなるので囲まれないよう注意しながら進みましょう。通常攻撃のみではほぼ敗北必至なのでアイテムを使って倒しましょう。

ボス敵との戦闘

雑魚敵と同様アイテムを駆使すれば倒せると思います。

<総括>

「積層グレイブローバー」の番外編ですが、重さの概念が撤廃されているため全てのアイテムを最大数所持しながら進むことが出来ます。

戦闘ではアイテムを使って攻撃することが必須なのでアイテムの管理には気をつけましょう。

リソース管理ゲームに興味がある方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

てりやきトマト

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」で「作葬グレイブキーパー」をダウンロード

【SSGの入手先】

「作葬グレイブキーパー」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.01

「虚白ノ夢」の紹介とSSG

虚白の夢

【本記事の概要】

本記事では、「カナヲ」氏作RPGツクールVXAce製RPGである「虚白ノ夢」について紹介します。記事末には恒例通りSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより)

自らの存在意義を否定して身投げした少女、碓氷深白(うすい みしろ)。そんな彼女が目を覚ますと、そこは天国でも地獄でもない、『鏡の世界』と呼ばれる仄暗い空間だった。

「……この世界で鏡を探しなさい。そして、それを割るの」

<

ul class=”ul-02-main mb1″>

  • 謎を解きながら探索し、先へ進んでいくアドベンチャーゲームです。
  • 脅かし・流血などのホラー描写を含みます。苦手な方はご注意ください。
  • 行動・判断によっては即死します。
  • エンディングは5種類、うちスタッフロールが流れるものは3種類です。
  • ジャンル過去を探す探索ホラーADV
    プレイ時間約3時間前後

    【プレイした雑感】

    <プレイした範囲>

    「緑ノ間」を突破するまでプレイしました

    <このゲームについて>

    ホラー要素のある空間探索型RPGです。ホラー要素といってもびくっとするような演出や効果音がある程度です。あと、ダンジョンをクリアすると鏡の世界に行くのですが、鏡の世界から脱出するには自殺まがいの行為をする必要があります。そういった要素が苦手な方はプレイを控えたほうがいいでしょう。

    <総括>

    なかなかホラーチックな演出がされていてこれからの季節に良さそうなゲームだと思いました。

    【公式サイト】

    てりやきトマト

    【ゲームの入手先】

    「ふりーむ」より「虚白の夢」をダウンロード

    【SSGの入手先】

    「虚白の夢」のSSGをダウンロード

    【対応バージョン】

    1.04

    「積層グレイブローバー」の紹介とSSG

    積層グレイブローバー

    【ゲーム紹介】(ふりーむより)

    瘴気に沈んだ大地に聳える積層都市バベル。生き残った人類を内包するこの国家は社会的な力無き者が市民権を得ることすら許さない。

    豊かな者は上層で快適に暮らし、貧しき者は下層で迫りくる瘴気に怯えた。そこはまさに弱肉強食の人類の墓場だった。

    そんな中、一人の少女が下層より低き”廃層”に降り立つ。そこは瘴気に沈んだ瓦礫と遺物と瘴気の世界。そして何より、盗掘を生業とする墓荒らし達の仕事場であった。

    その少女の首からは、半分に割れたロザリオが提げられていた。

    ――――――――――――――――――――――――――――――

    プレイ時間約10時間~の墓荒らしダンジョン探索RPGです。入る度に姿を変える変幻自在のグレイブヤードを探索し、廃墟に眠る金品を盗掘しましょう。盗掘品は『ディール』で他の墓荒らしと取引し、少しでも高く売りつけましょう!一時的なレベル以上に資金が重要なタイプのコツコツゲーです。

    グレイブヤードを下へ下へと潜っていけば強敵が立ち塞がることもあるでしょう。それらの障害を越えた先に彼女は何を見るのか――。

    【プレイした雑感】

    <プレイした範囲>

    第1話終了までプレイしました。難易度は「EASY MODE」を選択しました。

    <「GRAVE ROBBER MODE」について>

    通常モードである「GRAVE ROBBER MODE」は探索終了後レベルがリセットされ、経験値&SPがお金で買う仕様になるので資金まわりの戦略が重要になってきます。

    <戦闘について>

    エンカウント方式はシンボルエンカウントです。

    戦闘ビューはフロントビューです。

    雑魚敵の強さは通常攻撃のみでなんとかなる程度です。ボスはしっかりと戦略を練らないと厳しいかもしれません。

    <ダンジョンについて>

    ダンジョンはランダム生成されます。10層でひとくくりのようです。

    宝箱には罠が仕掛けてあったり、鍵がかかっていたりします。罠解除スキルや解錠スキルはスキルポイントを使用することで取得できます。

    <アイテム制限について>

    アイテムの累計所持数が制限されているため、どの種類をどれだけ持っていくかという戦略が重要になってきます。

    <総括>

    サクッとプレイするなら「EASY MODE」をじっくりプレイするなら「GRAVE ROBBER MODE」をおすすめします。難しめの要素がいくつかありますが、その点を除けば面白そうな作品だと思いました。

    【公式サイト】

    てりやきトマト

    【ゲームの入手先】

    「ふりーむ」より「積層グレイブローバー」をダウンロード

    【SSGの入手先】

    「積層グレイブローバー」のSSGをダウンロード

    【対応バージョン】

    1.11

    「はじめての宿屋さん」の紹介とSSG

    %e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%a6%e3%81%ae%e5%ae%bf%e5%b1%8b%e3%81%95%e3%82%93

    【本記事の概要】

    本日は「カナヲ」様の「はじめての宿屋さん」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

    【ゲーム紹介】(ふりーむより)

    死んだ祖父の遺した、幼いころの思い出が詰まった宿屋――。

    その復興のため、少女は勢いだけで宿屋経営の道へ足を踏み入れることに。

    プレイ時間5~6時間前後の宿屋経営型RPGです。

    宿泊料金や営業方針を適切に設定し、新たな施設を増設し、新しい従業員を雇い……。50週間の限られた期間で宿屋を大きくしましょう!

    宿屋の周りのダンジョンを攻略し、周囲の安全を確保することも経営者の仕事です。雇った従業員と共にボスモンスターを倒しましょう!

    宿屋経営とダンジョン攻略をうまく両立させましょう。最終評価を意識したやりこみプレイも可能です!ただし、オールAをとるのは簡単ではないかもしれません……!?

    【プレイした雑感】

    宿屋の経営をしつつ、ダンジョン探索もするという2面性を持ったゲームです。

    宿屋の経営において、毎週どれかの食事の材料が必要になります。これを切らすとまずいので定期的に街に買い出しに行く必要があります。あと、料金設定と宿屋の現状のバランスをとらないと良い評価が得られません。そのあたりはいろいろな組み合わせを試してみるといいかもしれません。

    ダンジョン攻略において、雑魚敵との戦闘は従業員が2人以上いれば、推奨レベル帯であれば通常攻撃のみで大抵処理できそうです。ボス戦は従業員によっては1人で挑むと多少の苦戦を強いられるので2人以上集まってから挑むとよいでしょう。

    ダンジョンには2種類の気候が設定されていて、気候によって敵の強さが変化するようです。オールAをとるにはこの強さが変化した敵も倒す必要があります。

    ダウンロードした当初は「世界は救わないけど」のフレーズをみて落としたのですが、プレイしてみるとなかなか面白かったです。

    【公式サイト】

    てりやきトマト

    【ゲームの入手先】

    「ふりーむ」より「はじめての宿屋さん」をダウンロード

    【SSGの入手先】

    「はじめての宿屋さん」のSSGをダウンロード

    【対応バージョン】

    1.02

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。