この記事は約 1 分で読めます ( 約 573 文字 )

廃憶のレヴァリエ

【本記事の概要】

この記事では、「おばけ」様の「廃憶のレヴァリエ」を紹介します。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

気がつくと、雪が降る美しい館の中にいた少女リベラ。聞くと、ここは生と死の間“プルガトリウム”だという。ここに流れ着くものは皆、名前以外の記憶がなかった。

それぞれの死因を探しに、記憶の奥底へと船出する……。

【プレイした雑感】

<このゲームについて>

死にゆく女性が3人集う館で女性同士ふれあったり、死の間際の記憶と向き合ったりする様子が描かれたゲームです。

<プレイした範囲>

ゲームクリアまでプレイしました、プレイ時間は1時間程度です。

<総括>

死にゆく3人の女性がふれあったり励まし合ったりしながら死の間際の記憶と向き合う様子が描かれた作品です。

死に際の記憶はどれも残酷なものですが(R-15であるためちょいエロ・ちょいグロに注意)、励ましあう姿には温もりや美しさを感じました。

1時間程度の残酷性と美しさという両方が描かれたストーリーに興味がある方におすすめの作品です。

【公式サイト】

おばけやしき

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「廃憶のレヴァリエ」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.01