この記事は約 2 分で読めます ( 約 996 文字 )

世界の中心で愛を叫んだホモ

【本記事の概要】

本日は「大人の道楽」様の「世界の中心で愛を叫んだホモ」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

続き物のRPGの最終作です。こちらをプレイの際は前作までをクリアされることをお勧めします。

少年主人公(ノンケ)と青年騎士(ホモ)が地下洞穴に潜るだけの話。プレイ時間1周30分~全エンドコンプリート2時間程度です。

戦闘難易度はほどほどに緩めで周回LV引き継ぎあり。簡単なヒマつぶしとして遊んでもらえればと。

★★エンドは5種類で、アナザーエンドだけはトゥルーエンドを見た周回以降でなければルート解放されません。

※「ホモになれなくて」「俺とホモと幽霊屋敷」「空と海と大地と呪われしホモ」「この世の果てで恋を唄うホモ」の続きの話になります。

※男同士の下ネタ会話およびBL展開が苦手な方はプレイを控えることをお勧めします。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

1つのエンドを見たところまでプレイしました。

<このゲームについて>

いくつかのダンジョンを探索して宿敵と戦うRPGです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

雑魚敵との戦闘

弱い敵は通常攻撃のみであしらえ、強い敵はスキルを使用しないと厳しいかもしれません。MP切れに備えてMP回復アイテムはそれなりに準備しておきたいところです。

ボス敵との戦闘

初期装備でもそれなりにレベルを上げればなんとかなりますが、それなりの準備をしてから挑みたいところです。

<スクリーンショット>

ダンジョン画面

ダンジョン画面

戦闘画面

戦闘画面

<総括>

微ホモゲーシーリーズの最終回です。最終回だけあってエンディングは終局にふさわしいものです。

エンディングが5つあるものの周回による引き継ぎがあるので1度クリアしてしまえば後はサクサク進めるでしょう。

軽いホモ要素を容認でき、ちょっとしたマルチエンディングRPGをプレイしたい時におすすめのゲームです。

【公式サイト】

大人の道楽

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「世界の中心で愛を叫んだホモ」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.2