この記事は約 2 分で読めます ( 約 847 文字 )

この世の果てで恋を唄うホモ

【本記事の概要】

本日は「大人の道楽」様の「この世の果てで恋を唄うホモ」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

少年主人公(ノーマル)が青年(ホモ)と船の中を探索するだけのゲーム。プレイ時間15分~30分程度です。

戦闘や死亡エンドはなく、単純な謎解きゲームです。ゆるい簡単なヒマつぶし作品として遊んでもらえればと。

★★エンディングは3種類、トゥルーエンドはBLになります。

※「ホモになれなくて」「俺とホモと幽霊屋敷」「空と海と大地と呪われしホモ」「ジャックランタンはホモの夢を見るか?」等のホモシリーズの続編にあたります。上記作品を遊んでいないと分からない部分が多いですので単品プレイはお勧めしません。

※男同士のホモい会話が苦手な方はプレイを控えることをお勧めします。
※CGはトゥルーエンドにのみあります。BLが好きな方以外は回避推奨です

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

トゥルーエンドを見たところまでプレイしました。

<このゲームについて>

突如様子がおかしくなった船内を探索する脱出ゲームのようなものです。

<総括>

ちょっとしたホモ要素があるものの個人的には気にならず笑い飛ばせる程度のものでした。

探索の難易度は適当に調べていけば進む程度のもので難しくはありませんでした。

トゥルーエンドを目指すには以下の条件を満たす必要があります。

  • テレンスと行動している時に再度船中のものを調べ上げる(好感度がエンディングの分岐条件)
  • 食堂にいる女の子から指輪をもらう(トゥルーエンドフラグ)

ちょっとしたホモ要素を容認できちょっとした脱出ゲームを遊びたい方におすすめのゲームといえるでしょう。

【公式サイト】

大人の道楽

【ゲームの入手先】

【SSGの入手先】

「この世の果てで恋を唄うホモ」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.1