この記事は約 2 分で読めます ( 約 824 文字 )

刻の牢獄

【本記事の概要】

本日は「柚里はつか」様の「刻の牢獄」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(Vectorより抜粋)

300年前、人間界を襲った魔王ガルードは勇者によって倒されたはずだった。しかし、復活を遂げ、再び世界を襲っているという報せを聞いた魔王ガルードの娘であり、現在の魔王であるエイジナは人間界に降り、魔王を倒すために旅をしている少年レックと出会う。この出会いから、予期せぬ真実を知ることとなる……。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

試練の森(?)の最深部に到着したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

魔王の娘が魔王を探しに人間界を旅するといった内容のゲームです。

<ダンジョンついて>

迷いの森以外は内部構造も外部構造もそれほど複雑ではないようです。迷いの森では青い蝶を探す必要があるので多少目をこらす必要があるかもしれません。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはランダムエンカウントです。エンカウント率は少々高めです。特に迷いの森探索中は高めに感じるでしょう。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムとしてはATB(アクティブタイプ)が挙げられます。。

雑魚敵との戦闘

通常攻撃のみでなんとかならないこともないですがスキルを使って倒したほうが効率がいいです。ちなみにレベルアップ時にHPとSPが全回復します。

ボス敵との戦闘

レベル上げをしたり、装備を整えていたり、回復アイテムをそれなりに持参していたりすればスキルを駆使して戦うことで倒せる程度です。

<総括>

勇者と魔王がいる王道RPGをプレイしたい方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

警鐘行進曲

【ゲームの入手先】

「Vector」で「刻の牢獄」をダウンロード

【SSGの入手先】

「刻の牢獄」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.36