この記事は約 3 分で読めます ( 約 1444 文字 )

%e3%82%b5%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bc%81-%ef%bd%9esummer-striker%ef%bd%9e

【本記事の概要】

本日は「結城」様の「サマスト! ~SUMMER STRIKER~」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

  • このゲームは全体的にカオスな構成となっており、王道RPGとはかけ離れた超展開が続きます。さらに主人公の性格は非常に歪んでおり、人によっては不快感を覚えるかもしれません。もし肌に合わないと感じたら、プレイを中止してファイルをゴミ箱に突っ込んでやって下さい。
  • 本作品のボスは能力が比較的高めに設定されています。難易度変更機能を用意しておりますので、ボス戦がめんどくさいと感じた場合は、そちらをご利用いただけるとサクサク進める事ができます。
  • 本作品は最初から最後までしょーもないギャグと悪ノリがしつこいくらい垂れ流されており、シリアスなシーンは砂粒ほどにしか存在しません。さらに既存のアニメ、ゲーム、ライトノベルを元ネタにしたセリフやネットスラングがポコポコ出てきます。ですので、そういった表現が苦手な方、骨太なストーリーやメッセージ性のあるゲームが好みの方、純粋なファンタジーの世界観を求めている方は、気分を害する恐れがありますのでプレイしないほうがいいかもです……。
  • デバッグは必死に行っておりますが、友達がいないので第三者にテストプレイをお願いすることも意見を聞くこともできませんでした。なので、個人では発見できなかった不具合が残っている可能性があります。もしそういったバグを発見された場合は、ご報告いただければ可能な限り早急に修正するよう努力いたします。

《ストーリー》

女の子二人組がなんやかんやで魔物をぶっ倒しに行きます。

《推定プレイ時間》

約一時間半~二時間程度でクリアできる短編です。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

最初のダンジョンを突破したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

父親の命令でイヤイヤながらも試練に挑むお嬢様とその付添人の様子が描かれた作品です。

<ダンジョンついて>

内部構造はやや複雑ですがマップがあるため迷うことはないでしょう。外部構造は1本道のため迷うことはないでしょう。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムは特にありません。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵の強さは物理攻撃が得意な方は通常攻撃、魔法攻撃が得意な方は魔法を使うことで確2~確3で倒せます。魔法攻撃が得意な方はMP吸収技があるので機会を見て使いましょう。

ボス敵との戦闘

状態異常対策をしたり、装備を整えたり、バフ・デバフスキルを活用したり、弱点を突いたりすれば倒せる程度です。

<総括>

とにかくエフェクトが派手で、随所に様々なネタが仕込まれており、なかなか面白そうな作品に感じました。エフェクトが派手な分低スペックPCでは動作がもたつくかもしれませんが、低スペックPC用の設定も用意されています。とにかく派手なRPGがプレイシたい方におすすめの作品です。

【公式サイト】

(なし)

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」で「サマスト! ~SUMMER STRIKER~」をダウンロード

【SSGの入手先】

「サマスト! ~SUMMER STRIKER~」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.00