この記事は約 2 分で読めます ( 約 798 文字 )

Revenge The Punish

【本記事の概要】

本日は「樹神司郎」様の「Revenge The Punish」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(公式サイトより抜粋)

悪の組織「パニッシュ」が結成されて195週と4日。怪人達が巻き起こす数々の混乱と恐怖に人々は怯え、「パニッシュ」による世界征服は着実に進んでいった。

しかしある時、一人の勇気ある若者が立ち上がった。次々と「パニッシュ」から放たれる怪人を倒してゆく姿に人々は彼のことをこう呼ぶようになった。

「勇者ラルフ」と。

そして今日も彼は人々の平和のために怪人と戦う。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

ゲームクリアまでプレイしました。

<このゲームについて>

悪の組織が勇者に対しリベンジしようとするといった内容のRPGです。

<戦闘について>

戦闘はボス戦のみの連戦です。通常攻撃時々回復。大技が来そうになったら防御。特殊必殺技が使えるようになったらそれを使って〆といった戦術が良さそうです。

MPが0からスタートし、ターン終了時に1回復といったシステムなのでMPの使い方が肝になりそうです。

<スクリーンショット>

戦闘画面

戦闘画面

<総括>

最初のボス戦2戦はHPが全回復するので戦いやすいですが、ラスボス戦は連戦になるためきついです。

また、ラスボス戦直前の選択肢によってラスボス戦の難易度が変わってくるのでその選択肢はじっくり考えた上で選びましょう。

頭を使う戦闘中心のゲームをプレイしたい方におすすめのゲームといえるでしょう。

【公式サイト】

Double Period

【ゲームの入手先】

「Run Time Party 2」で「Revenge The Punish」をダウンロード

【SSGの入手先】

「Revenge The Punish」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.01