この記事は約 2 分で読めます ( 約 787 文字 )

life-get-of-black-or-white

【本記事の概要】

本日は「幻想交差」様の「Life Get of Black or White」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【作品の情報】

タイトル
Life Get of Black or White
製作者
幻想交差
キャッチコピー
平和を勝ち取ろう! 王道ファンタジーRPG
公式サイト
幻想交差。
入手先

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

第1章のスキット17をクリアしたところまでプレイしました。

<このゲームについて>

光の章のスキット4に到達したところまでプレイしました。

<ダンジョンついて>

内部構造は非常に複雑で迷いやすいですが、入った方向とは別の方向を目指せば終着点に到達できるでしょう。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはランダムエンカウントです。エンカウント率はやや高めに感じました。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムとしてはTP維持が挙げられます。

雑魚敵との戦闘

基本的に通常攻撃であしらえることが多いですが、たまに強い敵と遭遇することがあります。あっけなく戦闘不能にされることもあるので油断は禁物です。

ボス敵との戦闘

事前に全員TPを100にしておけば大技ラッシュで簡単に決着がつきます。敵の攻撃も結構激しいので短期決戦を心がけたほうがいいでしょう。

<総括>

小説が元になった作品のパロディ作品で、お祭り的な作品ですが、キャラの特徴は変わっていないようです。難易度もダンジョンが複雑だったり、エンカウント率が高めだったりする点を除けば楽しめそうな感じでした。なかなか面白そうなゲームだと思います。

【SSGの入手先】

「Life Get of Black or White」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.10