この記事は約 3 分で読めます ( 約 1218 文字 )

サラマンドラのおまじない

【本記事の概要】

本日は「くろあめ」様の「サラマンドラのおまじない」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

■ゲーム概要

忌まわしき力として、人々に恐れられる「呪術」を人の役に立てる為に頑張る、短編RPGです。

呪術を正しいことに使う者「呪術士」になるために呪術を覚えたり、使い込んだりして自分好みの呪術セットを構築しながら町の人から依頼を受け、ダンジョンの探索を進めます。

ほっとできるシナリオのゲームをお探しの方状態異常や能力低下で戦うのがお好きな方、などなど遊んでやってもらえると、嬉しいです。

■ポイント

  • 本編クリアまでのプレイ時間は、約10時間弱。
  • やりこみたい方向けの、クリア後のおまけシナリオもあります。
  • 戦闘難易度と戦闘速度の調整が可能です。お話だけを読みたい方でも大丈夫です。 ※戦闘難易度と戦闘速度の調整による、本編シナリオへの影響はありません。
  • メッセージログ/バトルログを搭載、文章を読み逃してもすぐに読み返せます。
  • エンディングはマルチエンド、周回プレイモードもあります。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

最初のダンジョンをクリアしたところまでプレイしました。

<このゲームについて>

呪術使いの2人組が人の役に立とうとすると言った内容のRPGです。

<ダンジョンついて>

内部構造は少々複雑な部分もありますが迷うほどではなさそうです。外部構造はそこまで複雑でないような気がします。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムは特になさそうです。

雑魚敵との戦闘

基本的に通常攻撃であしらえます。ただし、被ダメは無視できないので回復アイテムは多めに所持しておくことをオススメします。

ボス敵との戦闘

弱点を突いたスキルを使ったり、状態異常耐性を低下させてハメプレイをしたりすれば勝てます。

<総括>

ドット絵に表情差分が適用されていたり、クリティカルがそこそこ頻発したり、クリティカルにも様々な程度があったり、状態異常耐性低下からのコンボを使ったりと独自システムが豊富なゲームです。ゲームの雰囲気はほのぼのとした感じです。ほのぼのとしたRPGや、クリティカルが頻発しやすいRPG、状態異常耐性低下からのハメプレイをができるゲームをプレイしたい方におすすめのゲームです。キャラクターの個性もそこそこ強めなのでそういった要素をお求めの方も楽しめるでしょう。

【公式サイト】

くろあめ工房

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」で「サラマンドラのおまじない」をダウンロード

【SSGの入手先】

「サラマンドラのおまじない」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.41a