この記事は約 3 分で読めます ( 約 1487 文字 )

精霊のコンチェルト

【本記事の概要】

本日は「ぽかぽん」様の「精霊のコンチェルト」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

~~ 概要 ~~

RPGツクールVX制作ファンタジーRPG

プレイ時間目安:10時間前後

~~ ストーリー ~~

賞金稼ぎのクローズと、その相棒ソラは仕事中に不思議な女性、エルと出会う。エルは風の精霊で、精霊界を救うために来たらしい。エルはクローズに言う。「あなたなら救ってくれる。私にはわかる」身に覚えのないクローズ、そしてソラはふと違和感を感じたものの、エルに力を貸すため立ち上がったのだった。

~~ システム ~~

  • スキル習得システム
    各「スキルの書」を装備して戦うことによって、戦闘中に新スキルを覚えます。苦戦中でも運良くスキルを習得することによって逆転勝利もあり得るかも?
  • ■合体技システム
    パーティの2番目に設置したキャラクターが合体技を覚えていた場合、CPゲージがMAXになると合体技が自動発動します。
  • ■マップ特性システム
    移動キャラクターによって特性があり、マップの障害物を排除したりお助け要素があったりします。

~~ その他 ~~

  • 今まで作成した他の作品と同じ世界観で、『エルメアの空』の少し後の時間軸になります。ですが他のゲームが未プレイでも普通にプレイしていただけます。
  • 敵はシンボルエンカウント方式です。
  • 一般的なフロントビューバトルですが、スキルを使うとキャラクターが画面に出てきて動きます。
  • 戦闘は、序盤は特に易しいです。
  • 会話イベントシーンはやや長めかもしれません。
                                                                       q

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

カージニア大陸に到着したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

賞金稼ぎたちが世界を救う(?)RPGです。

<ダンジョンについて>

内部構造や外部構造がやや複雑だったり特殊なギミックがあったりしますが、迷うことはないでしょう。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムは合体技が挙げられます。

雑魚敵との戦闘

最初の内は通常攻撃で確1~確2で倒せますが、進むにつれてだんだん敵が強くなっていきます。

気づいたら瀕死ということもあるので回復アイテムは十分に用意しておくことをおすすめします。

ボス敵との戦闘

スキルを使っていけばそのうち倒せます。合体技をボス戦のタイミングで入れる事ができれば非常に楽になります。

<スクリーンショット>

フィールド画面

フィールド画面

ダンジョン画面

ダンジョン画面

戦闘画面

戦闘画面

<総括>

旧作をプレイしていなくてもそこそこ楽しめるようになっているようですが、少々直近の作品である「エルメアの空」に関するイベントも発生するのでその作品をプレイした後にこの作品をプレイしたらより楽しめるでしょう。

戦闘は通常攻撃だと普通ですが、スキルを使うと少し派手になります。また、スキル閃きシステムも搭載されています。

派手な戦闘、スキル閃きシステムや独自のシステムが多数搭載されたゲームをプレイしたい方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

P小屋

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」で「精霊のコンチェルト」をダウンロード

【SSGの入手先】

「精霊のコンチェルト」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

3.01