この記事は約 2 分で読めます ( 約 1017 文字 )

Elseed Saga

【本記事の概要】

本日は「kains」様の「Elseed Saga」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

< h3 class="h3-03-main mb1">■制作ツール

RPGツクールVXAce

■プレイ時間

およそ20時間、追加要素を入れて30時間くらい。

■ゲーム紹介文

オーソドックスなRPGです。全7章(序章含む)+αで構成しています。

< h3 class="h3-03-main mb1">■このゲームの特徴をリストアップ
  • スキルツリー
    リストはおまけとして同梱
  • シンボルエンカウント
  • マップに出ると全回復します。
    宿屋はありません。
  • 選択肢によりステータス変動。
    一部シナリオが分岐します。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

最初のダンジョンを突破したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

冒険者が様々な問題を解決していくといった感じの内容のゲームです。

<ダンジョンついて>

内部構造も外部構造シンプルで迷うことは多分ないでしょう。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。敵の背後から接触すると先手を取れます。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムとしてはTP維持が挙げられます。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵の強さは通常攻撃で確2~4程度です。被ダメはそこそこといった程度で回復アイテムは10個あれば十分すぎる程度です。

ボス敵との戦闘

スキルを使えば倒せる程度です。雑魚敵より被ダメが多いので回復はしっかりと行いましょう。

<スクリーンショット>

ダンジョン画面

フィールド画面

フィールド画面

戦闘画面

戦闘画面

<総括>

ゲームの雰囲気はどちらかと言えばシリアス(?)です(特に使用音楽)。しかし、キャラクターには茶目っ気のような属性を持つキャラクターもいてゲーム全体がシリアスというわけではなさそうです。

戦闘もそこまで難しいところもなく、気軽にプレイできる難易度のゲームだと思います。

気軽にプレイできるオーソドックスなRPGがプレイしたい方におすすめの作品といえるでしょう。

【公式サイト】

(なし)

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」で「Elseed Saga」をダウンロード

【SSGの入手先】

「Elseed Saga」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.10