この記事は約 2 分で読めます ( 約 791 文字 )

幻想物語-道中記 巡風綺想記

【本記事の概要】

本日は「道中記の人」様の「幻想物語-道中記 巡風綺想記」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

~あなたは私の召喚した式神で間違いないんですよね!?~

突如現れた謎の女性に少女はそう問いかけた。二人の出会いを境に今宵の物語は紡がれる。

■制作ツール

RPGツクールVX ace

< h3 class="h3-03-main mb1">■プレイ時間

30分くらい

< h3 class="h3-03-main mb1">■ゲームの特徴

原作:東方project(上海アリス幻樂団)

上記の二次創作作品です。読み物。やりこみ要素皆無。あくまでもストーリーを楽しむものです。普通のRPGやADVをやりたい方にはむきません。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

花の妖精討伐後”ファイルが見つかりません Audio/BGM/Destiino”と表示された所までプレイしました。

<このゲームについて>

巫女見習い時代の早苗と突然現れた女性との出会いから始まる物語を紡いだゲームです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントはありません。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムとしては、ほとんどの戦闘がSP(MPに相当)が必ず0から始まるといった点が挙げられます。

敵との戦闘

MP(TPに相当)とSP(MPに相当)の管理能力が求められます。

<総括>

ファイル不足による強制終了があったのは残念でしたが、なかなか読み応えのありそうな物語だったと思います。

【公式サイト】

(なし)

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」で「幻想物語-道中記 巡風綺想記」をダウンロード

【SSGの入手先】

「幻想物語-道中記 巡風綺想記」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.11