この記事は約 2 分で読めます ( 約 923 文字 )

アガートの災厄

【本記事の概要】

本日は「ぽかぽん」様の「アガートの災厄」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(公式サイトより抜粋)

いま世界はあるものの手によって混沌の渦に落ちようとしていた。

巨大国家であるアガートにも魔の手が伸び、街は炎に包まれる。

その中で出会ったアガートの王子と他国の女騎士。そして炎の中に沈む闇。

アガートの運命はいかに?

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

エンディングの1つを見たところまでプレイしました。

<このゲームについて>

炎に包まれたアガートを救おうとするアガート王子と他国の騎士が繰り広げるRPGです。

<ダンジョンについて>

横スクロール型ダンジョンです。時々奥や手前に道があったりします。結構複雑な構造なので迷うこともあるかもしれません。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件は不明です。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

女騎士は自動戦闘ですが、ドラ○エみたいに作戦を言い渡す事ができます(戦闘中に切り替え可)。

攻撃は十字ボタン3つを入力することで行い、その組み合わせでスキルが発動したり、単なる3連撃になったりします。

雑魚敵との戦闘

最初のうちは主人公のステータスが心もとないので雑魚敵討伐は女騎士に任せましょう。

余裕ができたらコマンドアクションを楽しみましょう。

ボス敵との戦闘

弱いボスは適当にコマンド入力するだけでも倒せますが、強いボスはスキルを発動させないとかつのは厳しいでしょう。

<スクリーンショット>

マップ画面

マップ画面

戦闘画面

戦闘画面

<総括>

横スクロール移動・コマンド入力式戦闘といった一風変わった要素がある短編RPGです。

慣れるまでは大変ですが、慣れたら大いに楽しめそうな作品だと思いました。

エンディング分岐がそれなりにあるため、同じゲームを繰り返しプレイしたい方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

P小屋

【ゲームの入手先】

「公式サイト」で「アガートの災厄」をダウンロード

【SSGの入手先】

「アガートの災厄」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.04