この記事は約 3 分で読めます ( 約 1363 文字 )

%e7%81%b0%e8%89%b2%e3%81%ae%e8%a1%b0%e9%80%80%e4%b8%96%e7%95%8c%e6%97%a5%e8%a8%98

【本記事の概要】

本日は「くろあめ」様の「灰色の衰退世界日記」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより抜粋)

■ゲーム概要

世界に散在する遺物を糧に人々が生活する「衰退世界」の片隅で見習い魔導士の女の子と、彼女を護るゴーレムが魔導の力を追い求めて頑張る、短編RPGです。

様々な遺物から、新しいスキルを紡ぎ出したり気に入った属性のスキルを、使い込んだりして自分好みのスキルセットを構築しながらダンジョンの探索を進めます。

プレイ時間は、エンディングまでの本編十時間弱とやりこみたい方向けの、クリア後のおまけ+α となります。

  • ほっとできるシナリオのゲームをお探しの方
  • クリティカルが頻発する戦闘がお好きな方
  • ちょっと運ゲーなバランスがお好きな方

......などなど遊んでやってもらえると、嬉しいです。

■ポイント

  • 本編クリアまでのプレイ時間は、約10時間弱
  • やりこみたい方向けの、クリア後のおまけシナリオもあります
  • 戦闘難易度と戦闘速度の調整が可能、お話だけを楽しむこともできます ※戦闘難易度と戦闘速度の調整による、本編シナリオへの影響はありません
  • メッセージログとバトルログを搭載、読み逃しても大丈夫です
  • 周回プレイモードもあります(図鑑の完成に周回は不要です)

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

奈落谷の最初のマップを適当に探索したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

見習い魔道士とそれを守護するゴーレムがダンジョンを探索するといった内容のゲームです。

<ダンジョンついて>

内部構造も複雑な部分もありますがマップが表示されているため迷うことはなさそうです。外部構造はそこまで複雑でないような気がします。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムとしてはTP維持が挙げられます。

雑魚敵との戦闘

基本的に通常攻撃であしらえることが多いですが、たまに強い敵と遭遇することがあります。あっけなく戦闘不能にされることもあるので油断は禁物です。

クリティカルを発生させると希に二回行動が可能になります。これは味方にも敵にも適用されるので注意が必要です。攻撃時はクリティカルを狙いつつ防御時はクリティカルを防ぐといった対策を心がけたいところです。

ボス敵との戦闘

弱点を突いたスキルをガンガン使っていけば倒せるでしょう。耐性低下のスキルもあるのでそのスキルも使っていきましょう。

<総括>

ドット絵に表情差分が適用されていたり、クリティカルが頻発したり、クリティカルにも様々な程度があったりと独自システムが豊富なゲームです。ゲームの雰囲気はほのぼのとした感じです。ほのぼのとしたRPGや、クリティカルが頻発しやすいRPGをプレイしたい方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

くろあめ工房

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」で「灰色の衰退世界日記」をダウンロード

【SSGの入手先】

「灰色の衰退世界日記」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.36a