この記事は約 2 分で読めます (約 1148 文字)

上海と小さな迷宮

【本記事の概要】

本記事では、「ソフトハウスリヴァイア」様作のRPGツクールVXAce製東方二次創作RPGである「上海と小さな迷宮」について紹介します。記事末には恒例通りSSGを投稿しています。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

立ち絵有り、ストーリー有り、アイテム収集メインのダンジョン探索RPGとなります。だらっとアイテムを集めながら、幻想郷の少女達との会話を楽しもう!

▼ドレスチェンジシステム

ドレスを着替えると専用のスキルを覚えるようになります。(いわゆるジョブチェンジシステム)

自分だけの戦略を作り戦闘を有利に進めていこう!

▼拠点イベント

特定の条件を達成するとイベントが発生します。少女達のだらっとした会話を楽しもう!

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

体験版の限界までプレイしました。ダンジョンで言うと7階までです。製品版購入後はプレイしていません。

<ゲームの目的>

アイテムを集めつつ、途中で挿入されるイベントを楽しみつつ、ダンジョンの最下層を目指します。

<ダンジョンについて>

ダンジョンは、宝箱、採取可能な素材ト、採掘可能な鉱石や敵シンボルで構成されています。素材や鉱石はアイテム屋で合成し、新たにアイテムを作り出すことができます。

<戦闘について>

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。ただし、現在探索している階層の想定レベルと比べて上海たちのレベルが高くなるとになると敵と接触しても戦闘は発生せず、そのかわり、敵を切り捨てて一定の経験値を得ることができます。

戦闘ビューはフロントビューです。

雑魚敵の強さは、4階あたりまでは通常攻撃であしらえる程度です。5階以降は敵に通常攻撃が半減されることが多く、敵の攻撃も苛烈で倒すのは苦労するレベルだったため逃げ回っていました。7階でボス戦がありましたが、なんとか勝つことができました。

<ところどころに挿入されるイベント>

このゲームでは、ダンジョン内のイベントに触れたり、アリスの家に帰還したりすると、ミニイベントが挿入されます。どのイベントもキャラクターの個性が豊かに表現されていて、面白かったです。

<総括>

5階以降の雑魚敵との戦いには苦戦しましたが、ところどころに挿入されているイベントが面白く、また、一定以上レベル差のある雑魚敵との戦闘を触れるだけでカットできるシステムはテンポの底上げになっていると思います。東方をあまり知らない(割にはかなりの東方2次創作作品を扱っていますが・・・)自分でも結構楽しめたので、東方好きならかなり楽しめると思います。

【公式サイト】

上海と小さな迷宮

【ゲームの購入先】

「DLsite」で「上海と小さな迷宮」を購入

【SSGの入手先】

「上海と小さな迷宮」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.01