この記事は約 2 分で読めます ( 約 741 文字 )

%e3%81%84%e3%81%a4%e3%82%82%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab%e8%81%9e%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%81%a6%e3%81%8f%e3%81%a0%e3%81%95%e3%81%84-%e3%81%93%e3%81%93%e3%82%8d%e8%b8%8a%e3%82%8b-%e5%86%92%e9%99%ba

【本記事の概要】

本日は「aya」様の「いつものように聞かせてください こころ踊る 冒険の話を」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより)

■制作ツール

RPGツクールVX

■プレイ時間

初見プレイなら10時間以上

■ゲーム紹介文

ホラー成分を含んだRPGです。とはいえ、RPG色が強いので、怖くはないと思います。ダークファンタジーと言ったほうが正しいかも?

■このゲームの特徴をリストアップ

  • 36人のキャラクターの中から4人選んで冒険します。そう言う意味では自由度が高い。
  • バトル重視、ストーリーはほどほどに。
  • 割と理不尽です。
  • 難易度高いです。スミマセン・・・
  • 謎解きもエグいらしいです。

【プレイした雑感】

バルバロッサ墓石B3Fに到達するあたりまでプレイしました。

このゲームはホラーRPGらしいですが、それ以前の問題で難易度がすでにホラーです。雑魚戦でも一歩間違えば即全滅するほどの難易度です。「らんだむダンジョン」「ざくざくアクターズ」など比べ物にならないほどの難易度です。

また、暗い通路を通行している間は画面が見えにくいので敵に奇襲されることもしばしばです。

ちなみにエンカウント方式はシンボルエンカウントです。

さすがにあまりに難しすぎてこれ以上プレイする気になれなかったので、今回はこれで切り上げます。お疲れ様でした。

【公式サイト】

腹黒ゲーム工房

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」より「いつものように聞かせてください こころ踊る 冒険の話を」をダウンロード

【SSGの入手先】

「いつものように聞かせてください こころ踊る 冒険の話を」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.30