この記事は約 2 分で読めます ( 約 849 文字 )

Fairy Songs~失われし光の旋律(うた)~

【本記事の概要】

本日は「いぬ」様の「Fairy Songs~失われし光の旋律(うた)~」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより)

○作品の概要

【作品名】Fairy Songs~失われし光の旋律~
【使用ツール】RPGツクールVXAce
【初見プレイ時間予測】2~3時間
【作品概要】絵本の世界を舞台にした短編RPG

○特色1 通常戦闘がない!

本作はボス戦のみで構成されています。敵キャラに触れると入口に戻されてしまうので、かわしながらボスの部屋を目指してください。

○特色2 作曲家のmioさん監修

処女作制作時に大変お世話になった作曲家mioさんを応援する作品として制作。ハートウォーミングなmioさんワールドを心ゆくまでお楽しみください。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

エンディングを迎えるまでプレイしました。プレイ時間は3時間程度です。

<このゲームについて>

ごく普通の女の子が魔王を倒す希望の光として奮闘していくゲームです。

<戦闘について>

面倒な雑魚戦闘は一切ありません。雑魚シンボルと思われるものがうようよしていますが、それに接触とそのマップの始点に戻されてしまいます。

戦闘の難易度はバフ・デバフをしっかりしつつ、スキルを使いこなさなしてようやく勝てる程度です。

<総括>

避けゲーとボス戦からなるシンプルなゲームです。音楽の使い方がかなり上手だと思う場面もあったりしたほか、終盤には感動を禁じ得ない場面もありました。その感動は「ざくざくアクターズ」のスカイドラゴン戦にも匹敵するほどのものでした。皆さんもぜひプレイしてみてください。

【公式サイト】

いぬの作業場

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」で「Fairy Songs~失われし光の旋律(うた)~」をダウンロード

【SSGの入手先】

「Fairy Songs~失われし光の旋律(うた)~」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.10