この記事は約 2 分で読めます ( 約 932 文字 )

桜ノ戦記

【本記事の概要】

本日は「Lemon slice」様の「桜ノ戦記」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより)

まだ世界に剣士と魔法使いがいた時代。古の秘宝“魔王の鏡”を手に入れた『ザガン帝国』は、鏡の魔力で世界を“冬”に閉ざし、魔物を操り侵略を繰り返していた。

隣国『エレンシア王国』の修道院で暮らす主人公アレンは亡き師の遺志を継ぎ、戦争を止めるための旅に出る。

悲しみと憎しみの連鎖を超え、アレンは世界に春を取り戻せるのか――?『SRPGコンバータNEXT for Ace』を活用したシミュレーションRPG。

  • 制作ツール
    RPGツクールVX Ace、SRPGコンバータNEXT for Ace
  • プレイ時間
    6~8時間
  • 初出
    フリゲ展! 2015春(エトリエ様)

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

ステージを2つクリアするところまでプレイしました。

<このゲームについて>

一人の青年が仲間とともに戦争を終わらせるため立ち上がるゲームです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはスポットエンカウントとシンボルエンカウントがあります。シンボルエンカウントのシンボルを復活条件はマップ切り替えです。

戦闘はSRPGの形式で行われます。

特殊なシステムとしてはCTBが挙げられます。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵は通常攻撃で確2~確5といったところです。敵の攻撃は受けた人によっては結構痛いので注意が必要です。敵の残りHPが表示されます。

ボス敵との戦闘

結構しぶといです。敵のHPが表示されますが、強いのでハラハラ・ドキドキが味わえるでしょう。

<総括>

RPGのように探索してエンカウントしたらSRPGになったり、最初からSRPGだったりとダンジョンによって様々です。

戦闘面はちょっと操作に戸惑うところもありましたが、慣れれば問題なくなりそうです。

戦闘曲は胸熱の曲が採用されていてテンションが上がりました。

【公式サイト】

Lemon slice

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」で「桜ノ戦記」をダウンロード

【SSGの入手先】

「桜ノ戦記」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.05