この記事は約 2 分で読めます ( 約 815 文字 )

木精リトの諸国漫遊記

【本記事の概要】

本日は「Lemon slice」様の「木精リトの諸国漫遊記」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより)

魔法修行のため、“王国”に留学していた木霊(こだま)の少女・リト。ある日、彼女は仲間の一人であるキョウの故郷、ヤマトへと向かうのですが……?

ツクール公式『和』素材をふんだんに使い、公開中の作品『木精リトの魔王討伐記』から番外編を作りました。さくさく進むタクティクス風の戦闘がポイント。本編を知らなくても楽しむ事が出来る短編作品です。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

最初のボス戦までプレイしました。

<このゲームについて>

リト達3人衆がヤマトの国で起こっている問題を解決するゲームです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘はSRPGの形式で行われます。

特殊なシステムとしてはCTBが挙げられます。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵は通常攻撃で確2~確5といったところです。敵の攻撃は受けた人によっては結構痛いので注意が必要です。敵の残りHPが表示されます。

ボス敵との戦闘

各種能力低下技を使ってきたりし、結構しぶといです。残りHPが表示されないのでハラハラ・ドキドキが味わえるでしょう。

<総括>

マップの構造がやや複雑で進んでいるのが正規ルートなのか否かがちょっとわかりづらいところがあります。

戦闘面はちょっと操作に戸惑うところもありましたが、慣れれば問題なくなりそうです。

3人衆は個性豊かなので楽しめそうな作品だと思いました。

【公式サイト】

Lemon slice

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」で「木精リトの諸国漫遊記」をダウンロード

【SSGの入手先】

「木精リトの諸国漫遊記」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

2.00