この記事は約 3 分で読めます ( 約 1213 文字 )

新・薬草物語

【本記事の概要】

本日は「花姫パパ」様の「新・薬草物語」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(ふりーむより)

【タイトル】
新・薬草物語
【ジャンル】
短編RPG
【プレイ時間】
3〜4時間
【ストーリー】

魔王が英雄たちによって倒されてから数十年。アルカ王国では平穏な日々が続くかに思われた。しかし、それは長くは続かず、大陸には再び暗黒の雲が掛かり始めた。

これは、とある村の少年が、運命を背負い旅立つきっかけになった、始まりの物語である。

【内容】

本作は、以前公開した作品「Medicinal Herb Story(薬草物語)」のバージョンアップ版になります。主に以下の点が大きく変更されています。

  • グラフィック
  • バランス
  • ダンジョンの追加

処女作だったMedicinal Herb Storyのシナリオはそのままです。初期の薬草物語のセーブデータは仕様できません。

【ゲームの特徴】
  • サイドビューバトル
  • パッシブスキルでキャラクターを強化
【一言】
前作をプレイしていただいた方も、そうでない方も今作で少しでも楽しんでいただけたら幸いです。初期版から少しだけボリュームアップしていると思います。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

精霊の祭壇に到着するところまでプレイしました。

<このゲームについて>

花屋を営む妹のために薬草を採ってきてあげるゲームです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはランダムエンカウントです。エンカウント率は普通です。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューです。

特殊なシステムとしてはパッシブスキルによってTP維持にできる点です。

雑魚敵との戦闘

雑魚敵は通常攻撃だと確1~確3といったところです。最初のうちは通常攻撃のみで対処できますが、奥の方のダンジョンになると敵が強くなっていきます。通常攻撃のみで辛くなったらTP消費スキルを使ってみると良いかもしれません。油断していると戦闘不能者が出ることもあるのでセーブはこまめにしておくことをおすすめします。

ボス敵との戦闘

いきなり始まることがあります。マップの切り替え前等はセーブをしておくと良いでしょう。強さはスキルを使いこなせば倒せる程度です。

<総括>

戦闘の難易度は普通で可もなく不可もなくと言った程度です。

ひたすらダンジョンの奥を目指すゲームなのですが、道中で様々なイベントが発生するのでそのへんが見どころだと思います。

「Medicinal Herb Story (薬草物語)」と比べるとクエスト要素が追加されていたり、グラフックが綺麗なったりといった点が変わっています。

【公式サイト】

HanaPapa Studio

【ゲームの入手先】

「ふりーむ」で「新・薬草物語」をダウンロード

【SSGの入手先】

「新・薬草物語」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.10